記事一覧

生体医工学シンポジウム2022@オンライン

ファイル 135-1.png

こんにちは、D3の増尾です!
先日、オンライン開催された生体医工学シンポジウム2022に参加したので報告します。

生体医工シンポジウムは、工学技術によって医学分野の課題解決を図る医工学研究分野の学会です。医療従事者の方も多く参加する学会で、現場のニーズに沿った研究発表が多くあり、医工学研究に従事する方には非常におすすめの学会です。

今回私は、ブレイン・コンピュータ・インタフェースの研究について英語セッションで発表しました。
オンライン発表でのディスカッションでは、個人的には深い議論に発展しにくい印象を持っていましたが、なんと!!他学会での私の発表内容を覚えてくださっていた某大学の先生が質問してくださり、貴重なアドバイスをいただくことができました!今後、学会等でお会いした際には、お礼も兼ねてこちらから挨拶に伺わねば。ありがとうございました。

何はともあれ、日々の努力の積み重ねが報われ、明日からまた一歩ずつ努力していこうと感じました。
また来年も発表参加したいと思います!!

第24回日本感性工学会大会

こんにちは,M1の河合です.
8月31日(水)~9月2日(金)に開催された第24回日本感性工学会大会について報告させて頂きます.

大きな学会での発表が初めてだったためにとても緊張し,反省するところもありましたが,前回の発表から成長できたんじゃないかなと思います.発表に関して頂いたコメントや,他の方の発表を聴講して気づかされたことを今後の研究に活かしていきたいです.
今回はZoomでのオンライン開催だったので,現地発表での参加もしてみたいと思いました.

The 44th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2022)@United Kingdom

ファイル 132-1.jpg

こんにちは、D3の増尾です!
先日、イギリスのグラスゴーで現地開催されたEMBC2022で発表したので報告します。

IEEE EMBCとは生体医工学分野における世界最大規模の学会です。
今回の学会テーマは「医療の提供を変革する生物医学工学」であり、テーマの通り、医工学分野における研究課題を網羅する非常に多くの研究発表がされており、参加価値の非常に高い学会だと感じました。

私は今回、機械学習を用いた認知症スクリーニング手法についてePosterセッションにて発表しました。作業療法士にとって、対象者の認知機能を検査バッテリーを用いて評価し、機能低下をきたした脳領域の推論や日常生活動作や社会活動への影響および治療介入法の検討など、認知症状の評価は非常に難しくも科学的興味深さをもつ課題です。今回の発表では、我々専門職が医学的知見に基づき神経心理学的検査を通じて検出する正常/異常を、情報技術を用いて判定しようと試みた研究発表です。

今回の発表経験を活かし、今後さらに研究を発展させ、来年もまたEMBCで発表できるよう努力していこうと思います!!

2022年度 人工知能学会全国大会(第36回)

ファイル 131-1.jpgファイル 131-2.jpgファイル 131-3.jpg

こんにちは.M1の三神です!
2022年6月14日(火)~17日(金)に京都で開催された人工知能学会全国大会について報告せていただきます.

人工知能学会は全国大会ということもあり,周りのレベルの高さに驚かされ私自身非常に刺激を受けました.
私自身も初の対面発表ということもあり,緊張しながらもなんとか初の対面発表を終えることができました.
来年も発表できるよう一年間研究を頑張りたいと思います.

久しぶりに先輩方にもお会いできていろいろなお話が聞けて楽しかったです!

LifeTech2022@大阪(Real & Virtual)

ファイル 128-1.jpgファイル 128-2.jpg

こんにちは、M2の花井です。
3月7~9日に大阪で開かれました2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies(LifeTech 2022)の参加報告をさせていただきます。

LifeTech2022はハイブリット開催となりましたが、オンラインで参加する方が多かったためか、私は小さな会議室での発表でした。しかしながら、セッション終了後に他大学の教授の方とお話をさせていただき、現地発表の良さを感じることができました。

この2年間はオンラインで学会参加することが多かったですが、学生最後の学会に現地参加することができてよかったと思います。