ホーム研究概要>人工生命・人工社会

 

 

 

人工生命・人工社会をテーマにした研究を行っています.様々な生物や社会現象をマルチエージェントモデルによりシミュレーションし,実社会で観測困難な現象を解析することを目的としています.

 

 

生物シミュレーション
コンピュータ上に,「生物のように行動する」人工生命体を作り,生物学的な現象をシミュレートする研究です.生物学に基づいてモデルを作成し,動物の行動や特徴,その進化の過程を,工学的な側面から研究しています.
オオカバマダラの渡りについて
鳥の歌(さえずり)の進化シミュレーション

 

 

社会シミュレーション
社会を研究する手段として数理モデルやエージェントベースシミュレーションがあります.加藤研究室では,コンピュータ上に社会心理学に基づいた仮想的な社会モデルを生成することにより,人間関係の変化・流通の過程など,社会現象に関する研究をしています.
コミュニケーション能力の差異に着目した学級集団形成
知人ネットワーク形成が商品普及に与える影響